かわい内科クリニック
TEL:06-6962-3133 FAX:06-6969-5695
〒536-0023 大阪市城東区東中浜3-7-15
ホーム
医院紹介
院長紹介
診察時間・地図
はなまる便り
当院検査実績

胃カメラ・大腸カメラ、栄養療法、オーソモレキュラー、超音波検査など診療。大阪,城東区 かわい内科クリニック

検査・検診

初診票

栄養解析(オーソモレキュラー)問診票ダウンロード

 
 
 
HOME»  検査・検診

胃カメラ(電子内視鏡)

胃カメラ

当院は、早期胃がんの発見に力を注いでおります。
患者様の安全はもちろんのこと、検査に対する不安・苦痛を軽減するため、胃カメラ検査は、以下のように3通りから選択いただいております。(※現在すべての方法でNBI(狭帯域光強調)を併用し、診断精度をアップしております)

【1】通常内視鏡検査(喉の麻酔のみ)
【2】無痛法(意識下鎮静法:トピックス参照)による内視鏡検査
【3】鼻からの最新細径スコープによる経鼻内視鏡検査
  

トピックス

ご存知?

このページの先頭に戻る

大腸カメラ(電子内視鏡検査)

大腸カメラ

大腸カメラは、肛門から内視鏡を入れて全大腸を観察、大腸ガン、ポリープなどを見つける検査です。前処置として、検査の前日に下剤と当日に腸管洗浄剤を服用して大腸をからっぽにする必要があります。検査に要する時間は15分程度です。(※現在、検査でNBI(狭帯域光強調)を併用し、診断精度をアップしております)

※事前予約要(検査日:毎週火曜日午後)

日帰りポリープ切除術の適応があるポリープ

<左:内視鏡的切除術の適応がある大腸ポリープ>

また、大腸ガン検診として、便潜血反応(2回法)の検便検査もしております。

このページの先頭に戻る
このページの先頭に戻る

ヘリコバクター・ピロリ検査・除菌

胃の中に住み着いて、人に様々な影響を及ぼすヘリコバクター・ピロリ。ピロリ菌が陽性の場合、胃ガンの発生が約3倍、また同時にたばこを吸っていれば、11倍になるというデータが発表されました。
また、感染が長く続くことで、萎縮性胃炎を引き起こし、胃酸や消化酵素分泌の低下から、タンパク質をはじめ、様々な栄養素の消化吸収不良がおこります。
貧血をはじめ、栄養不良からくる様々な病態において、ピロリ菌の感染を知ることは、その原因を知ることにもなり、また除菌治療は病態の改善や予防につながります。

当院ではピロリ菌感染有無の検査をしております。尿であれば簡単に15~20分で結果が出ます(自費の場合¥3240)。

またピロリ菌の検査は、血液検査(血中抗体)、内視鏡検査時(迅速ウレアーゼ試験)でも可能です。現在は胃炎、胃潰瘍の状態を胃内視鏡で確認したうえで、除菌治療が保険適応で可能です。

除菌治療としては、内服薬を1週間服用いただきます。最新のプロトコールでは、除菌率が90%以上になりました。

 

このページの先頭に戻る

ABC検査(胃がんリスク検診)

ABC検診で胃がん発症危険度を知ろう!

高齢化社会を迎え、日本人は男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんになっており、がんはもはや特別なことではなくなりました。しかし早期発見できれば、内視鏡治療など低侵襲な治療で完治します。

当院でも開院当初より、胃内視鏡検査による早期胃がん発見に努めてまいりました。そして検査はまず受けなければ診断できません。しかし自分が胃がんになりやすいかどうか、胃がんになるリスクが分かっていれば、内視鏡検査を受けたほうがいいのか、またどれくらいの間隔で受けていけば良いのかの指針になります。

胃がんは、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染と深く関わっており、WHOでも発癌因子として認定されました。またピロリ菌感染がない人は胃がんになることが少なく、ピロリ菌に感染し慢性萎縮性胃炎になり、さらに腸上皮化生という変化が起こり、胃がんが発症することが知られています。

そこで、血液検査でピロリ菌の感染の有無と胃粘膜萎縮の度合いを示すペプシノーゲンⅠ及びⅡを合わせて測定することによって、胃がんになるリスクを調べることができます。それがABC検診です。これは検査結果をA~Dに分類して胃がんリスクを評価するものです。従来の胃レントゲンによる検診よりも効率的に優れているというデータも出ています。また、なんといっても受けた方ご自身が自分の胃がん危険度を知ることができるというメリットがあります。

ABC検診であなたも胃がんになるリスクをチェックしてみてはいかがでしょうか。
特に40歳以上の方にお勧めします。

以下の方は対象外です。

  • 明らかな上部消化器症状があり、胃や十二指腸の疾患が強く疑われる方(保険適応ですので、受診してください)
  • 食道・胃・十二指腸の疾患で治療中の方
  • 胃切除後の方
  • 腎不全(目安:クレアチニン値が3mg/dl以上)の方
検査時間・方法 診療時間内に随時可能
血液検査(食事は関係ありません)
料金 ¥4.800(検査料・結果説明・税すべて含む)

 

このページの先頭に戻る

超音波検査

  • 腹部超音波(エコー)検査
    (肝臓・膵臓・胆嚢・腎臓・膀胱・前立腺・腹部大動脈)
  • 頚部超音波(エコー)検査
    (甲状腺・頚動脈)
  • 乳腺超音波(エコー)検査
超音波検査

超音波(エコー)は、液体や固体の中を良く伝わる性質をもっています。人の体では肝臓・胆のう・脾臓・腎臓・膵臓などの腹部臓器や、心臓・子宮・卵巣・前立腺といった内科・婦人科・泌尿器科領域で広く診断に利用されています。

腹部超音波(エコー)検査ってどんな検査?

よくエコー検査とも言いますが、体の表面にゼリーを塗ってプローブとよばれる探触子を用いて、皮膚をなでて、臓器の表面や組織の境界面で反射した超音波を断面像としてブラウン管に画像化して診断する検査です。

腹部超音波(エコー)検査
胆石症

<胆石症>

腹部超音波(エコー)検査では、主に肝臓・胆のう・脾臓・腎臓・膵臓などの臓器を観察しますが、肝臓がん・胆のうがん・腎がん・膵がんなど悪性腫瘍性病変についても自覚症状や血液検査の異常が出現する以前に診断することが可能です。

頚部超音波(エコー)検査
 

頸部超音波(エコー)検査では、甲状腺の腫瘍や頚動脈のより動脈硬化の程度をみることができます。

乳腺超音波(エコー)検査
乳腺超音波(エコー)検査では、乳ガンの早期発見に有用です。
このページの先頭に戻る
24時間持続血糖測定

この検査は、腹部に直径3㎝ほどのセンサーを置いて(痛みは伴いません)、血糖値を持続的に測定するものです。

糖尿病の方はもとより、反応性低血糖症や、食後の血糖のスパイクを抑えられているか、また夜間の低血糖が心配で計測してみたいという方にお勧めです。

最低4日~7日まで測定できます。

自費診療 ¥10.800(4~7日間)

 
このページの先頭に戻る
リンク

栄養で病気を治す
医師たちがいる

オーソモレキュラー.jp

facebook